読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mother’s log

品川区在住で2015年〜2016年に妊娠、出産をしました。病院のこと、妊娠中のこと、出産のこと、費用のこと、育児のことなどを書いているブログです。

子宮頸管ポリープ切除で突然の入院。関東ITS健保の「一部負担還元金等」に助けられた!

関東ITS健保すごい、会社が入ってくれててほんと良かったという話です。

突然の出血、診察したら即入院に

妊娠初期に出血があり、病院にかかったら子宮頸管ポリープからの出血で即入院、切除の手術というか処置をしなくてはならず、突然入院することに……。

2泊3日の入院ですんだので、処置代や手術代あわせて約3万8000円ほどかかりました。会社には迷惑かけてしまったし、予想外の出費で、うっとなりました。

(子宮頸管ポリープ切除の話はまた別の記事で書こうと思います。あれはきつかった…)

ポリープ切除から数カ月後、関東ITS健保から通知の封書

なんだろう?と通知の封書を開けたところ、「一部負担還元金等(付加金)」の給付の通知でした。子宮頸管ポリープ切除の手術代、入院費でかかった医療費の一部が給付されてるー!!

この「一部負担還元金等(付加金)」で約1万7千円給付。2万円を超えた分と、ベッド代や食事代などは給付対象外なのでこの金額になったのかなと。自分には安い保険しかかけておらず、入院保障が「ちゃんと保険の見直ししておけば……」という額だったので、これはとっっってもありがたかったです。

そしてこの制度の素敵なところが、自分で請求しなくても医療費が一定額を超えた時に給付してもらえたので、請求忘れや手間などが一切なかったです。

一部負担還元金等(付加金)とは

さらに当組合では付加給付制度を実施しているため、保険医療機関等で受診した際の支払額(「入院」「外来+調剤」別)が20,000円を超えたときはその超えた額が一部負担還元金等(付加金)として給付されます。高額療養費に該当しない場合でも一部負担還元金等(付加金)は給付されます。 - 高額な医療費がかかったとき | [ITS]関東ITソフトウェア健康保険組合

突然の出費はなかなか精神的にもきますが、こういうのがあるとほんとありがたいなーとしみじみ思いました。他の健保組合でもある制度なのかもしれないのですが、給付されるまで恥ずかしながら全く知らず。。。

いままで全然知らなかったけど、これを期に医療費関連でどんな制度があるのか見るいい機会にもなりました。関東ITS健保ありがとう!!!