読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mother’s log

品川区在住で2015年〜2016年に妊娠、出産をしました。病院のこと、妊娠中のこと、出産のこと、費用のこと、育児のことなどを書いているブログです。

産後0日目、眠れないのとトイレが怖い

入院生活 産後

※シモの話し多めです

金曜の夜中から日曜の明け方までかかった出産(実際の出産時間は11時間となっていたけど)、ほとんどまともに眠れなかったのでこれでゆっくり眠れるとおもいきや……。

ものすごい目がさえて全く眠れず

陣痛〜分娩〜回復まで行うLDR室で朝まで休ませてもらい、その後病室へ移動。これで休めると思って横になって目を閉じても、なんだか異様なハイテンションで眠れず……。

後陣痛で地味に痛いし、会陰切開した部分は違和感があるし、出産時の出血は中量だったとは言え貧血気味で体はボロボロなはずなのに、眠れない!!

いままでお腹の中にいた子供が外の世界になんとか無事出てきてくれたという事実がなんだか信じられなくて、ほんとに出産したのか…!みたいなフワフワした気持ちと高揚感で結局まともに眠れませんでした。

小児科の先生から説明があったり

36週1日目で約2500gで産まれたこともあり、小児科の先生より早産で少し呼吸がうまくできてないということで保育器に入っていることを知らされる。早産になってしまったことを悔やむが、私にはどうしようもないので無力さも感じる。ただ、こういうときに総合病院で良かったなと思うが、やはり心配……。

トイレが怖い

看護師さんに「産後1回目のトイレは付き添うので、必ずナースコール押してくださいね、何かあったら大変なので」と言われ「まじかー!」と思ったものの、壁を伝わないと歩けないほどフラフラ。(看護師さんは仕事なので気にしてないと思うけど)恥を忍んでトイレの際はナースコールを押すことに。

尿意があるのに会陰切開の縫合部分が気になって、排尿するのが怖い……しかも出ないし……。どうにかこうにかなんとか出たものの、地味に痛みがあったり、思った以上に悪露の出血があったりと、体がボロボロなんだなぁと気付かされる。

お祝い膳などは特に無し

NTT関東東日本病院ではお祝い膳がないのは聞いてはいたけど、産後の食事(産褥食)はわりとっていうかあんまり美味しくなくて、早く家に帰りたくなる。しょっぱいソーセージ出てきたなぁ……。

保育器越しに対面する

家族や友人に連絡したり、夫と話していたりするうちに看護師さんより「16時に1回授乳室で赤ちゃんに会いましょうか」と話があり、産後一瞬会えてからやっとじっくり会えることに。はじめて授乳室に入ったところ、すでに出産されている他の女性たちが赤ちゃんに授乳していて、おおお……と思う。そのエリアから隣の部屋に保育器があり、出産後数時間後ぶりに会える。

保育器では、酸素濃度や温度や湿度、心拍なども管理されていてすごいな、と思うものの、まだ保育器から出られないので直接授乳することはできず、授乳している女性たちをとてもうらやましく思ったり、ここでも早産になってしまったことを申し訳なく思う。

 

悪露の出血量に驚きつつ、こうして産後0日目は終了。